ウォーターサーバーを会社はもっと置くべきでしょう

ウォーターサーバを置くのに最適な場所はどこなのか

 

ウォーターサーバーとはよく店舗の軒先などで売られています。学生風のアルバイトの方がよくティッシュ片手にセールスにいそしんでいます。まるでアフィリエイターのようです。おじいちゃんおばあちゃん相手の訪問販売みたいです。

 

ウォーターサーバが事務所や作業場なんかにあったら非常に便利でしょう。これからの暑い季節は重宝します。結構自動販売機のお飲み物は地味にお財布に響いてきます。ウォーターサーバーはそこで働く人のニーズにこたえることができるはずです。

 

ウォーターサーバは作業場に最適です

ウォーターサーバ、水だけでなくお湯もくみ取ることができます。お湯があったらラーメンとかコンビニのスープも食べれます。肉体労働の現場ではどうしても味の濃いいものが好まれます。いいえ、好まれるというよりも、それくらい食べないと持ちません。お湯も使えるウォーターサーバーは活躍してくれるはずです。

 

ウォーターサーバーの横にインスタントコーヒーやお茶を添えるのもアリです。コンビニのコーヒーや缶コーヒー、ハイアットなんかの1000円のコーヒーでも何回も飲んだら飽きてきます。たまにはインスタントコーヒーでもとなるかもしれません。

 

 

ウォーターサーバーいろんな使い方ができるはずです。水ってディスカウントストアで買いに行くと持って帰るのが面倒です。ドンキやイオンからひーこらひーこら重たい袋持って歩かねばなりません。結構な筋トレになります。アマゾンで定期購入が一番いいでしょう。少しスーパーより値は張りますがトータル的にはお得です。しかし、ウォーターサーバーならそんな手間暇お金も一掃できます。

 

 

お水を受け取るのが面倒かもしれません。けっこう通販商品って自宅受け取りだと手間です。アマゾンだとコンビニ受け取りができますが、通常の通販ではそんなシステムついてきません。ウォーターサーバーのネックはそこかと思います。

 

自動車整備工場、板金塗装、食品加工場、スーパーのお総菜売り場の休憩室、メルセデスのラウンジ、ホテルのフロント、様々な場所に置くとウォーターサーバを置くと活きてきます。特にブラックな労働現場のほうがよいかもしれません。

 

発送方法はやはり佐川急便のようです。この手の大きな荷物やげてものなお荷物はお得意の大手運送会社さんです。ドライバーさんが直配してくれるでしょう。やはりこれだけの荷物になると、コンビニでは受け取れない理由も分かる気がします。