コロナと自粛で規則正しい食生活が送れなくなっていて

コロナでトレーニングマシンが売れている件

 

コロナ特需によって巣ごもりなんて言葉が生まれました。佐川さんやクロネコヤマトさんは忙しいようです。通販需要はまあまあ盛況のようです。もうスマホからインターネットで通信販売でモノを買うのが一般的になりました。かってはスマホでネットでと言えばどこか胡散臭いにおいがしたものですがすっかり一般的に受け入れられました。みんな楽天カードくらいは持ってます。楽天さんは審査甘いです。クレジットに対してもだいぶ若い世代は有効利用しています。今日は日曜日ですから佐川さんやヤマトさんの営業所に留まっている荷物。通称営止めの荷物があるはずです。明日は月曜日ですからたくさん配られることでしょう。トレーニングマシンなんかも売れているようです。ジムも自粛で一時閉鎖やら短縮営業せまられたためです。今その辺のジムではトレーニング中でもマスクしてたりします。何か滑稽な風景です。おそらくジムからも必ずコロナは出るでしょう。もう至る場所で出現しています。見た目からこの人はすごいと言われるためにはトレーニングは必要不可欠です。皆自分の醜いパーツが気になるものです。その醜い事実から目を背けなかった人はジムに通いだします。トレーニングと食事と休養は重要なトライアングルです。皆健康や長寿に興味があってトレーニング器具を手に取ります。通販事業がにぎわうことは当然のことでしょう。オートミール、玄米なんかも売れていそうです。筋肉がつくことは自身にもつながりあmㇲ。

 

お尻でたてるようになるとすごいです。サッカーは尻でやるなんていう言葉がるくらいです。知識を得て考え方を変えて皆とトレーニングに走ります。自分の体を深く分析できるようになっていきます。

 

 

週末の大阪難波は人がまあまあいました。昨春のような雰囲気ではなかったです。土地柄もあるのでしょうけれども。またパチンコ屋さんだけは何一つ変わらぬ顔で営業を続けています。こういった状況の場合いかに根回しがされているか、その差を飲食店さんとパチンコ屋さんの違いに感じます。また旅館さんやホテルさんの根回しのよさには僥倖の一言です。夜のお店なんかも意外と生協のようです。

 

申し訳ありませんが人は所詮見た目が9割コロナ太りに注意

 

コロナでコンビニやらで脂質の多いものを食べていませんか?脂質は脂肪にか割安です。また見た目痩せていても内臓脂肪や皮下脂肪が実は蓄えられていて脱いだらお腹がでているなんてありがちです。所詮人は見た目が9割です。体型はかえれます。髪型もかえれます。服装もかえれます。世に多く出回っている加工食品の多くは高脂質です。そしてGI値が高いです。GI値が高い食品というのは大抵は濃いい味付けでおいしいうまいと感じるものが多いです。しかし、その美味しい甘い、うまいが仇になってしまって見た目よりも太ってしまう人を創り出してしまっています。なかなかメーカーさんもスーパーやコンビニに身体にいいものばかり納品できないというオトナの事情があります。そして一般的に味付けの濃いものや油ぎったもの、炭水化物はかなり一般的に推奨されるのが現状です。コロナで暇になったからと管理を怠っていると、人は見た目が9割という原理原則にのっとって思わぬ後悔に繋がるかもしれません。離婚、パートナーの別れ、左遷、降格、取引中止、などなど。第一印象でも見た目が悪いと損するケースもあります。そんなに他人の事人は見ていませんが、やはり高校生の部活ヤッテル男子のような体型だとこの人自己管理ができないのかなと思われることも。太っている人全てというわけでありません。

 

 

食事はPFCバランスが大事です。極端な糖質制限はそんなにうまくいってないケースばかりです。いや、うまくいっていないというよりも何も達成していません。そしてそんなにスタイルのいい人がいません。反対におにぎりを毎日食べてる知り合いの女性は170センチのモデル体型です。何か糖質制限とか炭水化物ぬきとか聞きますと情弱ビジネスのにおいを感じます。どれだけ顔出して物を言えるか。誰にものいうとんじゃい、なんてぞんざいな日本語ありますが、

 

まさにそのとうりかと思います。

ーーーー

 

アンドロイドを立ち上げればステマ臭いサイトが後を絶ちません。まるでぼったくり居酒屋やガールズバーの勧誘に似ています。皆糖質制限という言葉が大好きです。またレッドオーシャンでもありますから、新規参入者が後を絶たないのは至極当然のことです。今後もそれってじゃろに言ったらどうじゃろう、なんて広告はわんさかわんさか出てくるでしょう。今よく見るインターネット広告は氷山の一角にすぎません。アイスバーグ理論です。

 

緊急事態宣言でどこに行ったらいいのか。。。

住む場所がなくなって住所がなくって困る

 

緊急事態宣言が発令されました。youtuberさんなんかもご丁寧に「この動画は緊急事態宣言前に撮影されたものです」と注意書きをつけています。アンチやいやがらせ対策でしょう。自粛自粛ですが、そんなにコロナが怖くないという知識が浸透したのか、街を歩けば、前回ほどの自粛ではないようです。マスクをしていない人はほぼ見なくなりました。マスクマスクマスク、これでかっこよくなった人、かわいく見えるようになった人、お肌が荒れてしまった人、様々です。シミやしわ、くすみを隠せる効果がマスクにはあります。マスク一時は価格が高騰して転売ヤーの餌食になりました。マスクの行商なんて人もいました。クルマやリヤカーで引いてる人もいました。あのビジネス考えた人は今はどっか行ってます。白いのばっかりでしたが黒いのも出回ってきました。黒いマスク当初は人気がありませんでしたが、ふつふつと人気を上げていきました。洋服に合わせて黒か白か選べるのがよいですね。洗えるマスクも登場しました。不繊維マスク。そしてフェイスガードなんてのも登場しました。でもあれってあんま意味ないみたいです。いかにもコロナ対策やってますっていう周りへのアピールになります。

 

 

大手ほどフェイスシールドをしてる傾向があります。ヨドバシカメラだったりドコモショップだったり。また消毒液はもう街中の至るところにありますが体温を測るサーもグラフぃはまだまだお金がありそうな場所にしかありません。

 

 

派遣バイトでお家がなくなってしまった悩む

 

コロナで派遣バイトの人なんかも仕事にあぶれているケースもあるとかないとか。何しろスキルがないのでこれをするしかないか、それともなんでもよかったのか、はたまたリテラシーが低いのか。派遣の場合最低限の収益しか得られないこともあります。誰でもすぐに、気兼ねなしに雇ってくれるのはありがたいことですが。蓄積のないお仕事になりやすいです。上積みが発生しにくいお仕事になります。誰でもすぐにできる簡単なお仕事の場合定収入になりやすです。派遣会社はアプリや自動メールでお仕事を送ってきて縛り付けようとしてきます。いったん負のスパイラルに入るとなかなか抜け出せないことがあります。今回の新型コロナウイルスによる相乗効果によって不利益を被った人やまた逆に呼び水になった人もいることでしょう。派遣、非正規、お家がないなんて人は見た目ですぐに分かったりします。茶色いベージュのズボン、安全靴、リュックサック、携帯、今にも建設現場とかい行くような格好です。ジーパンっぽいけどジーパンじゃないパンツ。カーゴパンツだけど作業着っぽい服装、ヘルメット入れるためのリュック。ラバー軍手。いろんな場所で派遣の方々はご活躍されています。

 

 

今回のコロナでお家を失ってしまった方もいます。お仕事がなくなってしまって寮を追い出されたり家賃を滞納してしまったり。コロナで離婚してしまったり。シェルターとかホテルとかネットカフェ、簡易宿泊所に留まることになったり。簡易宿泊所はたまにテレビのニュースになることもあります。なぜかといいますと、火事になるからです。原因はたばこの不始末が多いようです。寿町や動物公園前にそんな簡易宿泊所は集中しています。すぐに泊まれるのが魅力的な所です。レオパレスやシェアハウス、リブマックスなんかでもすぐには入居させてもらえません。シェアハウスに至ってはもう普通の賃貸探した方がよいのでは?と思わず首をかしげたくなるような物件も多々あります。普通の賃貸物件の場合まず審査です。そこにタイムラグが生じます。そんなん待ってたらあっという間にホームレスの仲間入りです。野宿は慣れてしまえばそのままずるずるとやっていくことが多いようです。

 

ウチがなくなるというのは精神的にも肉体的にもダメージの大きい行為です。帰れる場所があるからこそ思い切ったチャレンジができるってものです。心のよりどころです。サッカーにもホームやアウェーという言葉があります。アウェーでは力が出しにくく慣れ親しんだホームでは動きやすい。これは人間であれば当然の結果です。マイホーム探しは慎重に行いましょう。住んでみたら、うわーこれ違うわ~。そんなんなったら手遅れです。また住み始めてなかなかやっかいなことになるケースもあります。隣人や上階や下階に変な人が住み始めたり。不近にパチンコ屋が建設されたり。道路が広がって家主に退去を命じられたり。転勤や進学で住まいが変わったり。お家はとにかく大事です。人は住む場所で全く違う人になります。

 

 

キャッシングの餌食になる人がいます。金利を見たらこれは手を出したらダメだと分かりそうです。でも手をだしてしまうことがあります。今コロナでお金がなくてコロナ融資なんて単語も生まれました、コロナ太りヤラ。go toトラベルや go-to eatでは様々な恩恵に授かった方もいることでしょう。今国会で一律10万円また出すのかと議論になっています。いかにもテレビをつける人が食いつきそうな題材です。人はタダに弱いです。でもタダより高いものはないという有名なことわざがあります。無料のモノはやはり無料ですし、何より下品な人が寄ってくる傾向が顕著にみられます。

 

お仕事って選ばなければたくさんあります。人は失敗したときに帰れる場所があるからこそ思い切った挑戦ができるものです。幸いにも日本は福祉が充実していて、最悪生活保護を受けたらどうにかなってしまいます。自己破産する人中もします。そして自己破産って二回できたりします。お金に悩んだら誰かに相談したらどうにかなるものです。まずは相談しましょう。

 

世の中ってどこまでも追い込まれてもどうにかなる人とつぶれてしまう人との二択になります。これって幼少期にいかに厳しいトレーニングを受けたかどうかで決まる確率が高いようです。つぶれてしまうのを矯正したいなら少しづつ負荷をかけていって自分を追い込めるようにしていくしかありません。

 

コミュニケーション不足によってお仕事を失うケースもあるようです。人にはソーシャルスタイルと呼ばれる四つのタイプがあります。ドライビングタイプ、えくぷれっしぶタイプ、アナリティカルタイプ、えみあぶるタイプ、まれにこのよっつすべてに当てはまる人もいます。感情表現が強いか弱いか自己主張が強いか弱いかという判断です。とても面白い試みですのでぜひともググってコンテンツを楽しんでみてください。

 

人はひとそれぞれできることが違います。発言や態度はマチマチデス。

 

新型コロナウイルスで路上生活者が急増中?

路上生活者も増えてるようです。これが寒い地域だとなかなか残酷です。札幌など。カイロで暖を取り菓子パンでお腹を満たしています。菓子パンは脂と砂糖の塊です。高校生の頃とか妙な学食の菓子パンとか食べていませんでしたか?あれってカラダづくりには何の役にも立ちません。本気で部活で活躍したいなら食べるシロモノではありません。就労がかなわないとなると、健康にも影響が出てくることはよくあります。肉体的だけでなく精神的にも病気になると死に直結します。コロナ以外にも抑鬱から自死に至る確率は5パーセントほどだそうです。意外とよく鬱病って死ぬ確率高いです。鬱は風邪みたいなものと仰った方もいましたが、とんでもない誤解です。鬱はコロナのようにこじらせたら、かなり重大な精神疾患になります。路上生活者の多くはバスの停留所だったり、コインランドリー、駐車場なんかにいたりします。どこか休める場所を探してさまよっています。

電車の中つり広告にしたんクリニックが気になって

最近大阪市営地下鉄御堂筋線でよくみるPCR検査の広告が気になって

 

コロナ検査であるPCRですが猛5000円くらいになってきました。電車の中つり広告やドンキホーテなんかにもポスターが張られていて一般的にもだいぶ浸透してきたように思います。新型コロナウイルスなんていいますけどいつまで新型っていってるのでしょうか。もう去年のお話ですよ。やはりお隣さんに気遣う日本人らしい言葉使いですね。地上波でもインターネットでもコロナコロナで持ちきりです。パソナの法則やあいどまの法則で書かれた記事や動画が多くみられます。にしたんクリニックなんかの検査キットですがまさにパソナの法則で作られています。なんなのでしょうか?まだ起こってもいないことを連想させるあの大げさすぎる動画は。大阪でも自粛要請が出ました。難波や心斎橋、そしてにし丹クリニックのある本町あたりなんかもほんと閑散としています。広告を打つのが最も利益を早く上げる方法である以上、過剰な煽り広告は今後も出てくることでしょう。なかなかひとって忙しい人も多くてあれやこれやと調べる時間がないなんて人もいます。その一方で今回のコロナPCR検査キットでも調べ上げて買う方がいます。大阪市営地下鉄の電車内の至る所に中つり広告があります。昭栄さんをイメージキャラクターに起用しています。ドンキホーテなんかではまとめ買いを推奨しています。いったい誰が買うのでしょうか。もっと安く買う方法があるというのに。情弱ビジネスはこれからも続いていくかもしれません。なかなか売れなくなった広告がアフィリエイトに廻ってくることもあります。いや今更広告出したって、もう旬はすぎてるでしょ。そしてちゃんと広告主さんが承認してくれるのか。はたまた宣伝だけに使われるのか。なかなかアフィリエイト広告を出す企業でも千差万別です。にしたんクリニックさんPPC広告をだしています。これはこのpCR検査でまあまあ利益がでている証拠になります。通常の動きであればこういったPPC広告の場合利益がなければ撤退になるのが大筋の流れです。広告が出稿し続けているというのであれば、それは採算が取れるという確かな状況証拠になります。それにしても、、、やや。。。お値段が高いかな。。。と思います。マスクも一時買い占めされていて値段が沸騰しました。今ではブームは過ぎ去って値崩れを起こしています。ビットコインなみの値動きをつけています。テクノロジーの進化は無限大で近年は進歩が早いです。ようするに、昨今の進歩の早さから予測を立てますと、PCR検査ももうまもなく安くなるか、もしくは無料でできるようになるかもしれません。今ではワクチンをつくっています。またアメリカでは新型コロナウイルスの抗体を受けるためのクルマの長い列がテレビでやっていました。コロナウイルスに対する検査キットですの無料配布についてですが行政によって、都道府県によって、市町村ごとによって差があるのが現状です。どれくらいお金があるのは街によってマチマチデス。その抗原検査キットですが今度は2980円のなんかも出てきています。オリンピックも開催されるかは不透明です。JリーグやプレミアやセリエAやリーがやブンデスはやってますが無観客試合も続いています。そういえば相撲のはくほうさんがコロナになりました。今回のコロナではくほうさん、相撲協会の既得権益の恩恵に授かれないかもしれません。